販促するのはお客さんのため

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今日は、待ちに待ったオーティアットの平松ことまちゃの
「ミラクルPOP本」の出版記念セミナーです。

多分、今回がラストと言う事ですが
POPは販売促進の基本中の基本になります。

サロンマーケティング研究所ブログ
エクスマの仲間 いちごちゃん作の完成度の高いPOPとPOP本

<かわいいマーケティングのいちごちゃんのブログ>

この販促って、ただモノを売るという風に捉われがちですが
本質は、対象となる消費者への気づきのヘッセージです。

特に今はモノ余り、さらに情報過多。
消費者は自分に必要な事やお店、モノが探し易いようで実は探すのが大変です。

そこで、プロは消費者に届けるわけです。
「もしかしたら、これアナタに必要なんじゃないですか?」って。

これが、販促の目的です。
あなたのお店にPOPは貼ってありますか?

貼っていないとしたら、全てのお客さんに必要な情報を伝えきれていますか?

良く聞く話が、POPでメニューを紹介したら
常連さんに「こんなメニューあったの今まで知らなかった」なって言われる人がけっこういるという事です。

そう、美容師さんからしたら一度や二度は紹介しているはずのメニュー。
しかし、お客さんは初めて知った。

これは、興味の無い話は直ぐに忘れるというお客さんの心理です。
その点、POPをしばらく貼っておくと、何に気無しにお客さんが自らPOPを見て納得するわけです。

つまり、美容師さんからの紹介は受動的な情報収集ですが
POPは能動的な情報収集になります。

能動的な情報収集は、頭に入る度合いも違います。

だから、お客さんのために必要な情報を、POPでお客さんが見つけ易い工夫をするのは
お客さんのためにするという事です。

そして、お客さん側に立ってPOPを書くことで
沢山のお客さんが気づいてくれるものです。

ただし、POPはあくまでも、もしかしたらこれ私に必要かも知れない・・・。
と気づいてもらうためのものですので、分かり易い説明は美容師さんのトークにかかっています。

ですので、POPを貼ったら何もしなくて言い訳ではなく
それに興味のある方に対して、説明をするきっかけ作りというわけです。

つまり、伝わる営業トークの準備も必要なんですね。

関連記事一覧