学ぶ時はバランス

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

美容師さんは学ぶ事が沢山あります。
そして、それはスタイリストになってからも続きます。

その中で、凄い急成長を遂げた人とボチボチの人の差。
これって、何故起きるのでしょうか?

ボクは、成長著しい方や、既に全てにおいて超越している方の学ぶ姿勢を見て思う事があります。
それが、バランス良く学ぶというコトです。

逆にそこそこの位置を行ったり来たりしている方は
学ぶバランスが悪いように思います。

例えば、主のカット、パーマ、カラー
これを今はここに集中しているから他はやらないと言った一点集中の方法を取っている方はバランスが悪くなっているようです。

一つ事を本気で極めようとすると何年もかかります。
ですので、その間の他の2つは現状維持。

しかし、3つとも常に進化していますので
出来る事なら3つの項目をバランス良く学ぶことが理想的です。

しかし、自分はそこまで器用じゃないと
一つ事に集中すると全てがバラバラになってしまいます。

成長著しい方はそれが出来ているんですね。

まるで、学校の授業のように国語、算数、理科にょうに
全てスケジューリングされて同時に学ばれています。

スタートは何処からでも良いと思うのですが
3つ同時進行がやっぱりベスト。

そして、3つを同時進行しないとお客さんには、なかなかその成長が伝わらない場合があります。

新しい情報や知識が無いのであれば良いのですが
学ぶ時はバランスを考えた学び方がオススメです。

また、暴走気味の学びもあり
空回りになっていないかを自制する事も必要です。

関連記事一覧