知っていることと出来る事

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

知識は豊富にある。
沢山の事を知っている。

しかし、それが実践で役立つかと言うとどうやらそうでもなさそうです。
これを、現場感とでもいうのでしょうか?

今や情報は洪水のように溢れかえっています。
つまり、知識は一でも何処でも手に入れるコトができる環境がそこにはあります。

昔は凄いと思われて来た知識。
それが誰でもカンタンに知る事が出来ます。

もう知識に価値はあまり無くなってしまったような気がします。
つまり、これから必要な情報は・・・?

実際にその知識が有効なのか?
又は、本当なのか?

他に使い道等無いのか?

そういった実践的な知識情報へ変換されることで、新しい価値を産み出すのではないでしょうか?
美容技術もそうですね。

知識は豊富。
その豊富な知識が形となって表現出来ているのか?

受け売りの情報をそのままお客さんに伝えているだけで
自分で体験しているのか?

そういった、知識や情報と現場感を=にする作業。
そこに、独自の価値を持った情報が生まれてくるのではないでしょうか?

関連記事一覧