ヘアケア商品重複していませんか?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

最近は、アレルギーの相談に加え、お店で取り扱っているヘアケア商品の見直しのお願いが増えました。
これは、シャンプーソムリエというネーミングのお陰でしょうか?

また、ボクの美容の師匠である有本さんの教えの中にも、サロンでの価値あるヘアケア商品の選定はお客様への責任ということもありますので、積極的に見させて頂き、マッピングさせて頂いております。

そして、よくよく見ると色んなシャンプー剤があるわりには、重複している商品も多々あるように思えます。

メーカーさんのカタログや商品説明を聞いて、それらを揃えていらっしゃると思いますが増やすモノがあれば減らすモノも大切な事だと思います。

また、成分を見るとシャンプーAと、シャンプーBは発売元は違えど、どちらか1品あったら事足りるなんて感じのコトもあります。

中には古い処方パターンや、どう見ても肌に負担かかるでしょう・・・!?
って、モノが敏感肌用で並んでいるケースもあります。

肌質、髪質等考えれば、それなりのヘアケア商品は必要ですが、どうも同じ様な所を狙った商品が多すぎるのか、かぶるところが多々見受けられます。

中には、古くからその商品をご愛用頂いている方が数名いらっしゃって、その方々のために取り揃えていらっしゃることもあるかも知れません。

それはそれで、とっても大切な事ですので、無くす事はできませんよね。

ただし、ドラッグストアーならまだしも、ヘアサロンさんの場合は、それぞれのシャンプーの対応幅を考えながら、厳選した商品のラインナップで取り揃える方がいいのではとボクは思います。

更に、シャンプーは基本的に肌中心で考えて、髪はトリートメントでもいかようにもなるのではともボクは思っています。

中には、髪にも良い、あまりオススメ出来ないモノもあるかと思いますが、それらを含めて総合的に
お店の中のヘアケアラインナップは考えるべきではないでしょうか?

関連記事一覧