ノンシリコンシャンプーを試すことに・・・

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、少し高めのホテルに宿泊する事がありました。
ボクは、そういう所のアメニティーグッズをチェックします。

最近は、ノンシリコンシャンプーがおかれ始めているので
どんなものかと、試すわけです。

今回試したシャンプーは
洗浄基剤が、コカミドプロピルベタイン
洗浄助剤が、ラウリルグルコシド、ラウロイルサルコシンNa、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na

その他の成分にはグリセリンが配合されているだけで、これと言った有効成分や保湿成分等は配合されていません。

系統で言うと、ベタイン系、グルコシド系、アミノ酸系で構成されています。

ベタイン系が主に配合されているので、髪に何かぺたっと張り付いた感じがしますが、ゴワツキが非常にありました。

これらは、ドライすると照りのようなツヤがでるのですが、洗い流しの感触はボク的にはごわつきすぎて好きではありませんでした。

では、髪に対してどうかというと・・・

ゴワツキによる物理的ダメージが起き易いな~って思う事と、洗い流しがやりにくいので頭皮に対しても残留の可能性を感じました。

また、ラウロイルサルコシンは、洗浄力が高く古くから使われている洗浄成分の一つです。
洗浄力があるために皮膚への刺激も懸念する所です。

最近ノンシリコンがブームですが、配合成分を見るとこのような旧指定成分と言われる、刺激やアレルギーの可能性がある成分達がコスト面等から配合されているケースが増えているように思います。

また、アミノ酸系で肌が痒くなるという、都市伝説的な噂もあるようですが、ラウロイルサルコシンNaのようなアミノ酸系でも使用には注意するモノもあるので、うかつには手に取らない方が良いのではないでしょうか?

関連記事一覧