責任と成長

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

あなたは、お客さんに自信を持って何かを勧めていますか?
または、方向性を示していますか?

何故、こんな事をを言うのかというと
成長の裏には責任が常につきまとっていると感じるからです。

例えば少し高い商品があるとします。
しかし、目の前のお客さんにとって自分は必要だと思っていたとしましょう。

お客さんにそれを勧める時どんな気持ちで勧めるでしょうか?

いいと思うけど、でも買った後にクレームになったらどうしよう・・・(汗)
絶対に後悔させないし、何かあったら全部自分の責任として対処しよう!

さあ、どちらでしょうか?

こういう場面って毎日何度もあるかと思います。

しかし、お客さんにとってベストなあなたはどちらの気持ちでいることでしょう?

ボクならば、後者の人から商品を買うと思います。
そして、少しばかり不都合があったとしても買って後悔はしないと思います。

それは、自分なりに情報収集はした上で、それを購入すると判断していると思うからです。
最近の、お客さんはリサーチ力が高い人が殆どです。

ですので、あなたが自信をもって「これいいです」「こうしましょう」

そういう一言の後押しによって、買おうと決断しているものだと思います。

自分で信じるものを胸を張って勧める。

これって、成長過程では絶対に必要な気持ちではないでしょうか?

関連記事一覧