拘りのメーカーさん

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、かなりの拘りのある商品を開発しているメーカーさんに社内勉強会をして頂きました。
このご縁は、師匠である有本さんのご紹介があってのこと実現しました。

既に、商品はここ1週間毎日使わせて頂いておりましたが、ダメージケアをここ迄徹底して考えた商品はプロの世界でもあまり無いのではないでしょうか?

この製品、内容重視の商品が好きなお店、ダメージケアを真剣に考えているお店、高級製品を取り扱っているお店、取り扱い店舗が少ない製品を好むお店にはうってつけの製品でした。

さらに、商品の視点が消費者目線と言う所もボク的に凄く気に入ってます。

シャンプー剤なんかは界面活性剤に「ココイル加水分解コラーゲンK」を30%という高配合で使用されているとの事で、メーカーをしているボクとしてはかなり贅沢なシャンプーだと感じます。

また、液晶生ケラチンという、希少なケラチンや、高分子の加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルクと毛髪補修成分が更に加わった、ダメージケアに特化した製品に仕上がっています。

また、シャンプーにはオイル成分は不向きというボクと同じ考えで作られている所も共感しました。
そして、トリートメントはエルカラクトンや、疎水性のタンパクであるゼインエキス。

このゼインは随分前に興味のあった成分の一つで、シリコンに匹敵するくらいの質感がでる成分です。

さらに、キュベシノブトリートメントにも使用しているセテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクという疑似F-layer成分、マカデミアナッ油、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種油等、共通する成分も配合されていて、キュベシノブトリートメントのインバスタイプのような感じがしました。

さらに、その他の製品も非常に考えられた製品です。
また、別ブランドでアトピーに非常に効果のある石鹸等もあるそうで、この製品に関してはまた機会にお伝え出来たらと思ってます。

サロンマーケティング研究所ブログ
株式会社ブライの中上社長と

 

関連記事一覧