出来る人と出来ない人の差

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日は、新しい美容室集客ツールである「スタイルギャラリー」の説明会でした。

サロンマーケティング研究所ブログ

説明に当たったのはこの仕組みの生みの親(株)クリームの薄井ことウスイッチ!

今日は、彼の成長スピードをご紹介しながら、人の成長の差について記事を書きたいと思います。

ウスイッチは1年半前迄はこの「スタイルギャラリー」が1個も売れなかった・・・(涙)

何故なら、このシステムが素晴らしい!とその素晴らしさを語っていただけだったから。
出来ない営業でよく言う台詞。

「これ良いですよ」
「こんなモノ他には無いですよ」
「こんな事も出来て凄いでしょう~!」

そういう、自分目線の言葉でしか説明していなかったそうです。

都内でも飛び込み営業を200軒はしたそうですが、1軒も入らず・・・。

当然と言えば当然ですよね。
何の工夫も無く、一辺倒の説明をするわけですから。

お客さんからしたら、沢山営業に来る営業マンの1人としか見えませんし、多分説明も殆ど聞いていないと思います。

そして、少し知恵を絞って考えたのが、美容ディーラーさんとの同行販売。
しかし、これをさんざんやったのですが、やはり1個も入らず。

ここ迄は、売れないにしてもやる気のある普通の営業マンの姿が感じられます。
でも、空回り。

やる気と行動力だけは、日常のルーチンワークをしている人よりは良いですがね。

通常であれは、会社経営者じゃないので諦めても良いのに、かれは諦めなかった。
社長からは後1年やってダメならこの商品は止めるとまで言われてしまったそうです。

そこで、彼はハラを決めました。

自分の大好きな商品、絶対に美容室にとって有効な次世代のマーケティングツールだと思っていた商品の販売が中止になるのであれば、自分の居場所が無くなるからその時は会社を辞めるって・・・。

凄い、ハラのくくり方でしょう~。
なかなか、ここ迄売れない商品に、ある意味人生をかける人も珍しいです。

・・・まっ、ボクもその1人と言えばそうなんですが(笑)

そして、今大活躍のフォトグラファーの眞田さんや、Facebookマーケッターのまちゃにつてをつたって相談をもちかけ、その影響もありエクスペリエンスマーケティングの実践塾へ入塾してしまいました。

今迄勉強してこなかった事を学び始めたんですね。

そして、卒業した後は眞田さん、まちゃ、そしてウスイッチの3人体制でのセミナーを全国で開催。
それ迄のウスイッチは人前でプレゼンなんてしていなかったため、最初は散々だったようです。

でも、誰に言われたとでもなく、マーケティングを学んだり、人前でプレゼンしたりと、その行動力は素晴らしいと思いませんか?

だって、やった方が良いのは分かっていても、なかなか行動に移せないのが人の常ですから。

そして、情報の発信も重要だと、今ではブログを1日3記事書き続けています。
そのブログも後100記事弱で1000記事達成するようです。

>>ウスイッチのブログ

良くやるな~って思いませんか?
始めの頃は奥さん等にも迷惑かけたようですが、今ではその姿に奥さんも感心されてるようです。

毎日仕事から帰って来ては、夜中迄ブログを書き続ける姿を見れば、何れその本気が理解されますよね。

ボクも、1000記事書いている時は家人からまだやってるっていやがられました。
だって、家でも家族旅行先でもパソコンとにらめっこしている時間があるわけですから。

ただ、後半にはボクの場合も認めてもらえるようになりました。

ボクが思うに、売れなくても良い商品だから何とか価値をわかって欲しいと色々考えながら、それを毎日行動に移しやり続けて来た。

これが「出来る人の姿」なのかと思いました。
出来る人って、実際には凄く小さな壁にぶつかっては考えてを繰り返している人なのかな~って。

今の時代、頭を使わない人は時代に取り残されると言いますが、頭を使うって言う事はこういうウスイッチの様な事を色々とやってみることなのかな~って思います。

これを試行錯誤とか、創意工夫なんていうんですかね~。

会社やお店で働いていて頭を使う人と使わない人の差。
それはウスイッチが今どんな有名店であろうが、どんな人が目の前にいようが堂々とスタイルギャラリーや、マーケティングの話、そして今ではマイクロバブルの話迄魅力的に、そして分かり易く話せている姿を見て感じます。

だって、1年半前迄は人前で話す事も、マーケティングの事も、ブログの書き方も、マイクロバブルの事も全然知らなかったのに・・・。

彼は今年40歳になるそうですが、まだまだ本気というスイッチが入っていない人は刺激を受けて欲しいな~って思います。

ウスイッチはこう言っていました。
「1年半前と今とでは見ている世界が全然違う」って。

1年半前ってあなたは何をしていましたか?
今と変わらずでしたか?

また、この時間って長く感じますか?
ボクは、1年半ってあっという間の短い期間だと思います。

お子さんがいる方は、子供の成長を振り返ると多分短いと感じる事でしょう。
お店や会社に入られた方は、入社当時を考えると同じく短く感じるでしょう。
1年半前に楽しい旅行なんて行った方もまた同じ感覚でしょう。

そう、あっという間の短い時間一生懸命に打ち込むと、世界が変わるんです。

こういう仕事に打ち込める人が組織の中でも認められ、社会からも沢山の信頼を獲得するんでしょうね。

また、仕事が楽しくて仕方が無い。
そうウスイッチからは感じます。

そんなウスイッチが育てて今では導入店さんから沢山の成功事例や、感謝のメッセージをもらうとこ迄進化したスタイルギャラリーは、価格競争になりつつある広告に多額のお金を払っているなら、今からこのシステムを活用した集客と90%以上のリピート率の仕組みを築くコトにシフトする事も考えてはいかがでしょうか!?

関連記事一覧