メタマッピング

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

誰でも1人や2人は苦手な人がいるのではないでしょうか?

今、人とのコミュニケーションが重要なビジネスワードにもなっていますが

心理的にどうもうまくコニュニケーションが取れないでいる場合のお話です。

最近美容室でも学び始められている「コーチング」や「NLP」の中に

 「メタマッピング」というものがあります。

メタマッピングってカンタンに言うと

苦手な人と上手に付き合えるコツを理論的にまとめたものです。

コミュニケーションが上手に出来ない

または、どうしてもあの人は苦手・・・

その原因は実は

自分の凝り固まったものの見方から来ているそうです。

メタマップはその凝り固まったものの見方を苦手な人の視点や

価値観を理解し、ほぐしていく方法なんですね。

この方法の要点は

①自分がコミュニケーションが苦手と思う状況を理解する。

②自分と相手(苦手な人、嫌いな人)、そして第三者の関係を図式化する。

③第三者的な視点で、自分と相手の状況を眺める。

④何故苦手なのか、嫌いなのかその問題を生み出しているパーターンを調べる

⑤苦手な相手を好き、または普通に付き合えるにはどうしたらいいのかを探す。

メタマップはこの様に進められていきますが、早く身に付けるには ロールプレイングだそうです。

自分、相手、第三者になりきり 、それぞれの視点で①~⑤を考えていきます。

この3役(自分、相手、第三者)を数名でこなしてみるんです。

具体的には・・・

先ずは、嫌いな相手が目の前にいる状況をイメージします。

ここでは、あなた自身の視点で状況をイメージします。

 

よ~くその人の顔や姿を思い浮かべて下さい。

 

【ポイント】

 

◆苦手な相手の受け入れられない要素は何でしょうか?

 1分間で書き出してみてください。

◆あなたの心の中では目の前にその相手がいる時どんな感情が起こっていますか?

 1分間で出来るだけ具体的に書き出して下さい。

 次に・・・

苦手な相手になりきります。

 

相手の視点で自分を見つめてみましょう!相手の視点で自分を観るコトってチョット嫌かもしれませんが、ココを経験しないとあなたや組織の問題解決に時間がかかります。

 

【ポイント】

 

◆相手は自分との関係をどう捉えているのでしょう?

◆相手の信念や価値観で自分をどう観ているのか?

◆それはあなたとどのように違いますか?

 

 そして、次に第三者になります。

 

あなたと相手の関係を上司や同僚、関係者等の視点で眺めます。


【ポイント】

 

◆2人の感情と、行動で何が観察できるのでしょう?

 ◆コミュニケーションがうまく取れないあなたに何を提供(情報、価値観、ツール、チャンス)し

どんな感情にするコトがベストなのでしょう?

そして最後は・・・

全体の関係性を眺めます。

  全体(2人、組織)のコミュニケーションが良くなるためには 何が必要なのかを考えます。 

出来れば2人以上で行うことをお薦めします。

 

 このメタマッピングは、よりリアルな疑似体験や類似体験により、沢山の学びと変化のヒントを得ることが出来ると思います。

 なんとなく、これをやった後は苦手だった相手が

少し好きになっている自分を感じることが出来ますョ♪

関連記事一覧