皮膚常在菌と大人ニキビ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

あごに、大人ニキビが出来てしまいました・・・?
少し、体調が宜しくなかな~?

そこで、ニキビについてすこし。

ボクたちは沢山の微生物とともに生きています。
その数なんと100兆個以上!

この微生物を常在菌と言いますが、ボクたち自身が創りだした細胞の一部ではなく、外部の生物がそれだけボクたちの体を維持するために存在しているんですね。

いうなれば、ビルがボクたちの体であるならば、常在菌はそれのお掃除おばさんや窓を吹いてくれるアクロバティックなお掃除屋さん、または、ゴミを回収してくれるゴミ収集屋さんと行った所でしょうか?

常在菌は、通常、人が健康なときには病原性微生物の繁殖を抑制し発病を防いでいるのですが、免疫力が低下したりすると、逆に病気の原因になってしまう場合もあります。

良く耳にする「善玉菌」「悪玉菌」ですね。

ですので、通常は良いのに、免疫低下などの原因で体の環境が変化すると、それに伴い変化してしまう菌が「悪玉菌」と言われるものだとイメージしておけば良いのではと思います。

元々必要、体の環境の変化で変化する!ですね。

また、化粧品分野に関係の深い菌は、表皮に存在する「ブドウ球菌」「アクネ菌」 「マラセチア菌」「 黄色ブドウ球菌」の4種が代表的で「皮膚常在菌」ともいいます。

ボクが今出来ている赤いニキビは、毛穴のある所で出来て行きます。
毛穴の奥には皮脂腺が存在し、皮脂膜成分の1つになります。

この皮脂が過剰分泌すると、皮脂を栄養源に皮膚常在菌の1種の「アクネ菌」が、繁殖します。

正に、体環境の変化により、アクネ菌が異常繁殖を起こしたんですね。

繁殖した「アクネ菌」は脂肪酸分解酵素の「リパーゼ」を分泌し、脂肪を遊離脂肪酸にしていきます。
遊離脂肪酸は非エステル性のため角栓(コメド)となります。

これによって、ニキビが出来るんですね。
早く、無くなって欲しい~!!

関連記事一覧