プロフェッショナルなノンシリコンシャンプー

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ここの所、プロフェッショナル使用のノンシリコンシャンプーをテストしています。
このテストは、商品開発のテストではなく、メーカーさんの自信作を体験しているってことなのですが、流石に市販品のノンシリコンシャンプー剤とは雲泥の差があります。

やっぱり、プロ専売品って感じです。
そして、その処方には考えに考え抜いた意図が非常に現れています。

その意図は・・・
先ずは、シャンプーでボク的に一番大切だと思っている界面活性剤ですが、どれも洗浄力が弱いものを使っています。

つまり、頭皮や髪に負担をかけにくい界面活性剤です。

洗浄力が弱いと言う事は、泡立ちも悪いと言う事に繋がるのですが、それらの組み合わせで、泡立ちの悪さも解消しています。

ただ・・・コスト的にリスキーな処方です。

すると、当然原価が上がってしまうので、価格はやっぱり高価格商品になって来ます。

ボク的に言うと、化粧品から見れば安いですけどね。

そう考えると、市販品のノンシリコンシャンプーがいかにコストを重視してキャッチフレーズと、見た目で売れているかが良く分かります。

ノンシリコンだから全てがいいって分けでは全然ないんですよね~。
プロフェッショナルなシャンプー達を使えば使う程そう思います。

比較すると、やっぱり安いノンシリコンシャンプーはボクの中でNGですね~。
だって、使えば使う程髪のダメージ進行は早いものばかりですからね。

こういった事実は、美容師さんの口から堂々と伝えるべきではと感じます。
プロが選ぶノンシリコンシャンプーってここがこれだけ違うってことを、お客さんに伝え続けないといけない!

それは、お客さんの美容に対する偏った知識のバランスをとってあげて、シャンプー選びの基準を教えてあげることで、結果お客さんの髪を守ってあげる事になりますからね。

だから、ボクたちはデザイナーだからなんて、ヘアケアを売らないってことはありえませんよね。
デザイナーだからこそ、素材を守リ抜くっていうプライドが必要かとボクは思います。

そして、自店で扱うシャンプーが果たして、プロフェッショナルなシャンプーですと自信を持って、市販のノンシリコンシャンプーとの違いを明確に謳えるか?

そういう視点で、取り扱うシャンプー剤等も吟味して、お客さんに勧めて欲しいと思います。

関連記事一覧