髪が太くなる?白髪が黒くなる?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクは特に自宅でのヘアケアって重要だって長い間言い続けて来ましたが、きっと勉強されている美容師さんも同じ気持ちかと思います。

そのなかで、ボクの悩みと言うのが一つありました。
それが、白髪の場合のケア方法です。

これは、一般の方からも最近多い悩み相談の一つでした。
すでに、髪の太さは外毛根鞘に存在するCD34 陽性細胞が関係していたり、毛母細胞の増殖、分裂を促すFGF-7、別名「FGF」や脱毛因子FGF-5等の存在が解っていましたが・・・。

どうしてもヘアケアの段階で白髪を無くします!なんてことは言えませんでした。

そんな時、白髪が黒髪になる研究成果を耳にしました。
これは、本当なのか?つい疑ってしまいましたが、どうやら間違いない情報のようです。

ボクは、直ぐさまそこにアポをとり、その事実確認をしましたが、この結果はすでにそこの社員さんの中でも起きている状態でした。

更に、日本生薬学会の学会誌「Journal of Natural Medicines」でも報告されていました。
多分、特許を出願したか、取ったかもしれませんね。

そこで、これはあなたと情報の共有をしないと!
そう思い、その研究の方にラブコールを送り、遂にその全貌を公開する発表会が出来る事になりました。

あっ!そうそう、白髪が無くなるとカラーのお客さんが・・・と思う方もいるかもしれませんが、白髪染めのお客さんは当然減るでしょう。

しかし、これは白髪を黒くするだけではなく、細くなってしまった髪を太くすることも同時に行われます。

つまり、髪の強度低下による薬液によるダメージや、ボシュームダウンというフォルムの老化も防ぐ事ができますので、お客さんとしては黒髪で髪がフサフサしていた時のヘアスタイルをまた存分に楽しむ事が出来るようになるとボクは解釈しています。

つまり、白髪を隠すのではなく、ヘアカラーデザインを楽しむ!
TOPのボリュームを立ち上げるカットやパーマをするのではなく、パーマデザインを楽しむ!

そんな事を美容室ではお客さんに提案し易くなると思うのです。

そして、その研究報告が聞ける日は、4月30日(火)です。
場所は、茨城県つくば市に在する国際会議場で行う予定です。

・・・どうしても、距離的に参加出来ない方は後日何らかの形で情報を提供しようかと思いますので、Facebookなどで、メッセージください!

当日は、研究の方から直接その成果を聞いたり、その理論的背景を聞けるというボク好みのセミナー内容ですが、既にその製品も出来上がっているようですので、当日にそれを手にする事も出来ます。

今後の美容市場は間違いなくこういった老化による美容に対する価値観にどう対応して行くかが大きな課題ですので、きっと参考になるセミナーになると思います。

ご興味のある方は下記のフォームからお問い合わせ、またはセミナーお申し込みをして下さい。
※お申し込みの場合は、育毛セミナー申し込みとコメント欄にお書きください。
追ってセミナー詳細をお伝えさせて頂きます。

関連記事一覧