医者と製薬会社

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

どの世界でも、本物と偽物があるよに医療の世界でもあるのではと最近思うのです。
例えば、患者に対して最善の医療を施す医者。

逆に、効率や収益を優先に患者を選ぶ医者。
そして、その裏には製薬会社との儲かる仕組みを企む医者や病院。

特に、日本は海外に比べてそれが深いように思います。

これは、一概には言えませんが、前者の患者に対して最善の医療を施す医者の話や、書籍、WEB情報等を見る限り、そうだと最近思うようになりました。

海外では、基本的に風邪等では抗生物質は出さないのが基本のようですが、日本では直ぐに抗生物質を出す習慣があります。

そのため、世界に類を見ない程抗生物質の消費量が日本は多いようです。
さらに、高血圧治療も海外と日本とでは大きく基準が違うようです。

つまり、海外では高血圧とされない血圧でも、日本では高血圧扱いされ治療が始まるようです。
更に、その基準は日本では徐々に下がって来ているとのことです。

数年前の血圧診断では健常者とされていた人が、今の基準では高血圧扱いされるようになったと聞きます。

世界から見て、同じ人間なのに高血圧の基準が明らかに日本だけ低いのはいかがなものでしょう?
一説によると、高齢者はある程度の血圧が無いと末端迄血液が循環されにくくなるので、体が自然にそうさせているとの事です。

健康の源である血液の循環を高血圧扱いになり、逆に弱めているかもしれないですね。
つまり、治療が各分野広がると病院も製薬会社も儲かるという、恐ろしい仕組みが日本でははびこっている可能性があります。

そのためにも、病気になる前に健康管理がとっても大切ですね。
そう、海外ではサプリメント文化が昔からありますが、むやみに医者にかかれないという環境がそうさせたのではないでしょうか?

健康美は美容と切っても切れない深いかかわり合いがあります。
そう考えると、美容室での健康アドバイスなども今後は取り組む必要がある。

ボクはそう感じています。

そして、そういった勉強も美容師さん自信が取り組んで行く事で、ご自分の健康も維持出来るという1石二鳥ではないでしょうか?

関連記事一覧