時間と言う制限は、時に力を与えてくれる

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクは朝目覚めたら、ほぼエンジン全開!って感じで活動を始めます。
特に高血圧でもなく、ただ昔からベットを飛び出すとじっとしていられない正確なんですね。

ですので、それから家の玄関を出る迄の時間はかなり短くてすみます。
これって、体に良いのか悪いのか?

そして、今日の記事は「時間制限」についてです。
ボクは、何かをやり遂げようと思ったら必ず、期限や時間制限を課せた方が良いと思うのです。

サロンマーケティング研究所ブログ

時間的制限を自分に課せると、段取りやスケジュール管理能力が上がるばかりか、意志が強くなる気がします。

意志が強くなると言うのは、人に合わせるばかりではなく、自分の意見を主張出来たり、時には人をぐいぐいと引っ張ってあげる事も出来てしまいます。

そう、それは子供の手を引く親のように、人を正しいと思える場所へ連れて行く事にようなものです。

なかなか物事が決められなかったり、段取りが上手では無い人がいますが、それを解決する手段に時間制限は有効かと思います。

どんなに、人に合わせたがりの人でも、段取りが悪い人でも、急いでいたりすると人ごみをいつもとは違ったペースで歩いたり、時には人をかき分けて歩く事だってあるのではないでしょうか?

その時の気持ち。

それと同じ事を、何かと時間制限を付ける事で湧いてくるものです。

「時は金なり」と言いますが
今この瞬間を、この時を大切に使うという点で、時間制限は必要です。

あなたの将来のために時間を大切に使うこと=時間制限を何かとも受けるに通じるものがあるのではないでしょうか?

関連記事一覧