価格を上げると売り上げが上がる

■価格を上げると売り上げが上がる

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日僕のマーケティングの師匠のブログで価格コントロールのお話がありました。

>>エクスペリエンス・マーケティング

この記事の内容は、安い金額の時には売れなかった商品が、価格を高くしたら売れるようになったという記事です。

これって、僕的に凄くうなずけることが多々あるんです。

ある美容室で、カット料金が2000円台の時は客数も増えなく、売り上げも上がらなかったのですが、倍の金額にしたら客数も売り上げも上がったという事例があります。

何故なら価格が安い美容室って最近は以外と増えていて、消費者としてはちょっと安い所に対しては不安を感じるようになってきています。

安い所へ行くと、髪型を変にされた・・・とか
髪が痛んだ・・・
という口コミが徐々に広がっていて、あまり安い所は・・・と敬遠される方も増えて来ているからです。

価格がハードルになるのは高くても、安くてもダメという事になりますが、高くてもという所は一時的なキャンペーンの場合は、その効果は集客に繋がり易いと思いますが、元々安い所はキャンペーンの幅が狭くチョット大変になってきました。

だって、常時¥1,000~¥2,000の間でお得感をその他の面で出して行かなければいけないのですから。

また、安いには分けがあるのも、美容室に限らず物販や飲食でももう種明かしされていますよね。

安い材料を使う。
手間をかけない。
サービスを極力減らされている。
お客を次から次へとこなすだけ。
持ちが悪い(直ぐ故障する)。
味がいまいち。

だったら、自分で?
次買うときはもう少し高くても・・・

そうなりますよね。

プロにお金を払う消費者の心理は、自分でそこ迄は出来ないからお金を払ってお願いするという所に価値があり、それなりの料金にみあった価値を提供してもらう。

ここで、結果と金額の折り合いがお客さんの中で出来ていれば、リピートに繋がる。

そして、ここに努力が出てくるのだと僕は思います。
品質維持の努力や、品質向上の努力です。

提供するものに見合った料金を自信を持って頂いて下さい!

サロンマーケティング研究所ブログ
残り1名となりました。

関連記事一覧