基礎体温を高めましょう!

■基礎体温を高めましょう!

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

次第に、半身浴が習慣になって来た今日この頃です。
ボクが、何故半身浴をするようになったのか、まだ殆どの方が知らないと思います。

・・・知りたくもない(汗)

そうですね。

でも、書いちゃいますが、実は昨年の12月にウィルス性の胃腸炎になり、3日間熱が出て寝込みました。
そして、今年1月、そう成人式の大雪の日の前後にやはり熱が出てダウンしていました。

仕事も忙しくなく、休日も重なって仕事に穴は開けませんでしたが、急激にからだが弱くなった気がしました。

そこで、体温を測ってみると35.8度。

ボク的にはあり得ない低体温で少し焦りました。
36.0以上無いと病気になり易いと聞いた事がありましたが、そうかと思ったわけです。

そこで、体を温める半身浴を始めたんです。
おかげで今は36.4度の平熱まで戻りましたが、こんな話を同じ会社の東に言ったら、色んな事を教えてくれました。

東は社内ではマイクロバブルの専門家で、特にマイクロバブルは体温上昇効果やIGF-1を高める効果があると言われていますので、その当たりも東は勉強していたようです。

そこで、体温の話ですが、先ず昔懐かしの水銀を使った体温計の37度の所って色が違っていたの覚えていますか?

サロンマーケティング研究所ブログ
懐かしい体温計

これって、これ以上だと熱があると思っていたのですが、違っていました。
実は、世界の平均基礎体温だそうです。

そして、この37度に近い体温の人は無敵だそうです。

何故なら、この付近の体温になると病原菌等を退治してくれる「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が活発に動いて、病気の繁殖、侵入を許さない完璧なガードマンをしてくれるからなんです。

また、体温を上げる方法はいくつもありますが、睡眠時間でも基礎体温が変化します。
これはボク自身、身をもって体験しています。

家人が心配する程ボクは、睡眠時間が少ない方です。
酷い時は、週平均3h~4hというのがズット続く時もあります。

ボクがダウンした時は正にそれが1ヶ月近く続いた時です。

ですので、出来るだけ睡眠は取ろうと現在努力中です。

それにしても、基礎体温って大切なんですね。

関連記事一覧