マイクロバブルDay

■マイクロバブルDay

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今日は、九州からマイクロバブルの研究員の江口さんが会社に来てくれました。
色んな話をして頂きました。

マイクロバブルは水道水の溶存酸素量でも発生量に変化があるようです。
また、この発生がべストなのが今の時期。

何故なら、水温が低い程、空気の溶解量が多くなるからです。
つまり、空気を多く含んだ水がマイクロバブル機を通る事で、一気に空気量が増え、泡の発生量が増えていきます。

サロンマーケティング研究所ブログ

こういった、貴重な情報を今後はMBPのホームページで公開して行く予定でいます。

サロンマーケティング研究所ブログ
原稿チェックをする江口さん

以後は、徐々にマイクロバブルパートナーズのHPにマイクロバブルの特徴等を修正しつつ内容の充実を図って行きます。

関連記事一覧