洗い流し・・・足りてますか?

■洗い流し・・・足りてますか?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日の熊本SSAでの気づきです。

授業でアフターケアの重要性や、適切なシャンプー剤選び等も学んだのですが
その授業の最後に20代の女子6名のモデルさんの施術も行いました。

6名の頭皮状況や髪の状態をカウンセリングさせて頂いたのですが
想像以上の状態でした。

サロンマーケティング研究所ブログ
様々なシャンプー剤の活性剤を元に
適切な判断基準のレクチャーを受けています

サロンマーケティング研究所ブログ
モデルさん方のカウンセリング中

殆どのモデルさんの頭皮には赤みがあり
根元から油分による重さのようなモノが感じたんです。

先ず、思った事が通常のシャンプーしてたら1シャンでは泡立たなそ~ってことです。
また、1本1本の髪が重たそうということ。

現在使っているヘアケア商品は皆さんトラッグ等に並ぶ市販品。

これは、残ってるな~と思いました。
市販品の殆どはシャンプーはノンシリコンが流行っていますが、トリートメントはシリコンがたっぷり。

さらに、髪に残り易い界面活性剤はほぼ100%に近い状態で使われています。
つまり、洗い流しをしっかりやらないと髪には界面活性剤+シリコンがたっぷりと残留してしまいます。

これを回避するのがマイクロバブルのシャワーピュアブルⅡ等の活用なのですが
そんな事をモデルさん方は知る余地もありません。

そういった、モデルさんの状況を考えると
多くの方の頭皮は何らかのトラブルがあったり、トラブルを引き起こしそうな状態ではないかと予測できます。

頭皮に、これらが残留すると、白癬菌(水虫)の繁殖も引き起こしたり
臭いが出て来たりしています。

この臭い、足等もそうなのですが
雑菌が汗や油を食べた排泄物の臭いなんです。

頭が臭い、足が臭い

そういう症状がでたら、しっかりと洗い流しを心がけて下さい。
面倒!なんて思う方はピュアブルⅡなどを併用されるといいですね。

頭皮や髪に何も残さないシャンプーを心がけて下さいね!!

関連記事一覧