やっぱり何事にもシナリオが大切

■やっぱり何事にもシナリオが大切

こんにちは、シャンプーソムリエ こと関川忍です。
今日は、池袋でNO1と噂される某美容室で早朝からセミナーをさせて頂いていました。

セミナーが無事終了し、オーナーと今後の話をした時の事です。
なんと、池袋NO1どころではない、日本1、TOP5入りを何度もされていた美容室だったのです。

それは、シャンプー剤の販売であったり、トリートメント剤の販売であったりと様々です。
これを、美容業界では店販商品といいますが、都内の美容室は店販が苦手、または、あまりやりたくないといった傾向にあります。

しかし、こちらの店ではそれが全国レベル。
この実績は、お客さんとの関係性の強さ、プロとしての責任感や使命感の形だと思いました。

当然、オーナーさんはカット講師としても活躍されていますので、クリエイティブさも兼ね備えています。

そこで、どのようにしているのかお伺いした所
導入前からリリースまで全てシナリオを綿密に考えているそうです。

そのシナリオの中には、何故その商品をお店で仕入れをして、お客さんに伝えなければいけないのか?
または、お客さんに販売して行かなければいけないのか?

その、意味や意識付けも完璧にされています。
つまり、売らなきゃいけないではなく、伝えて行かなければいけないとう意識を持ってお客さんに商品をお勧めされています。

さらに、その情報の発信もリアルもそうですがWEBでの情報発信もクロスしたシナリオを考えています。
キュベシノブやピュアブルⅡはどんなシナリオでお客さんに伝えて頂けるのか今後の展開が楽しみです。

関連記事一覧