シャンプーソムリエ資格制度

■シャンプーソムリエ資格制度

こんばんは、シャンプーソムリエ こと関川忍です。
たまに、シャンプーソムリエの資格はどうやったら取れますか?

そんな質問を頂くことがあります。
資格か~。

実際には、いつの間にかそう呼ばれるようになっていましたので
資格制度は無いんです。

しかし、その資格制度である基準を作り、シャンプー選びのプロフェッショナルを育てたいとは考えています。
そのためには、何が必要なのか?

ボクはシャンプーだけを知っているだけではダメだと考えてます。
髪の毛、頭皮、パーマ、ヘアカラーそれぞれに深い知識が無いと、シャンプー選びのプロとは言えないと感じているからです。

そのための学ばなくてはいけない基準を、ここ1年で完成させようかと現在ボク自身も、幅広い知識を得るために勉強をしています。

その軸となるのが、現在キュベシノブを作って頂いている工場の研究員の方のモノ作りの知識。
そして、生涯ボクが師匠と呼ばせて頂く、熊本県のソウエンの有本氏が主管する
次世代教育者育成機関 SOEN SCIENCE ACADEMY(S.S.A.)

>>最終募集が始まっています

特に、50名の卒業生が出来た時点でこの機関は永久閉鎖されますが
東北、北海道方面の方はまだ、一人も卒業生がいませんので日本美容を引っ張っていってやろう!
そう思う方はお勧めします。

また、そうなって欲しい方がいれば、ご紹介して頂いてもいいですね。

話は戻りますが
ボクは、この2つの機関を中心に、シャンプーソムリエとして必要な知識の基準を組み立てています。

何故なら、最新の研究情報等が何処よりも速く、ここに集まってくるからです。
ですので、業界の1年先、2年先を事前に知り、それに向けた準備期間が確保出来るからです。

2013年はそんな、シャンプーソムリエ資格制度に向けて、更なる勉強をしていかないと!
そう思うこのごろです。

関連記事一覧