シャンプーソムリエの白髪が黒髪になるサプリメント実験

■シャンプーソムリエの白髪が黒髪になるサプリメント実験

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクは、性懲りも無くまたまた、自分の体で人体実験をしています。
それが、アンチエイジング。

その目で見て解る結果として、白髪が黒髪になるという事。
これは、ある健康食品で成分は、クレアチン、L-オルニチン塩酸塩、リンゴ果皮抽出物、グリシン、トレハロース、L-グルタミン、L-アルギニン、L-リジン塩酸塩、クエン酸、香料、DL-アラニン、ビタミンC、甘味料(スクラロース、ステビア)、ビタミンE、L-メチオニン、L-トリプトファン、L-フェニルアラニン、L-プロリン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12等です。

サロンマーケティング研究所ブログ

この健康食品を摂取して、いつの間にか白髪が気にならなくなったという声があるんです。

また、開発したメーカーさんは、10年間進化を続けてきた今までのアミノ酸商品に、最新の知識を導入し、主成分をさらに吟味しました。

アミノ酸の種類の見直し、アミノ酸量の限界に挑戦して新商品は完成しました。
1包13gあたり、アミノ酸量7500mgという他にはない超ハイレベルです。

従来の脳に作用するアンチエイジング効果も今まで以上に期待できるほか、クレアチン、りんご果皮・ぶどう果皮抽出エキスが新たに加わったことでシェイプアップ、瞬発力、心配能力の強化、回復力など、特にアスリート系アミノサプリとしても利用されています。

という、ものです。
確かに2001年くらいがアミノ酸元年といわれ、薬局にアミノ酸のサプリメントが並び始めました。

あれから、10年以上が立ちますので、それは色々なデータが蓄積されていてもおかしく有りません。

基本的にアンチエイジングサプリメントなので、たまたまそんな結果が出たという事もあるのですが、個人的に30代中盤から白髪がめっきり増えて来たので、サプリメントでそれが解消出来れば嬉しい事です。

そのため、一時白髪染めを中断し、様子をみようと思っています。

関連記事一覧