アマゾンが何故成長し続けているのか?

■アマゾンが何故成長し続けているのか?

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今、アマゾンは凄い事を成し遂げようとしています。
それは1995年から始まったAmazon.comからでしょう。

その、成長は著しく、今注目の企業ですね。
この成長の影には様々な事がアマゾン内で起きていたのです。

その一つに、優秀な人材確保と確保した人材がいなくならない仕組みです。
つまり、創業者のジェフ・ベゾスはこの人材の為に従業員のデータベースを構築し、それぞれの追跡記録を完備させ、信賞必罰を明確にした事に有ります。

信賞必罰とは、賞すべき功績のある者には必ず賞を与え、罪を犯し、罰すべき者は必ず罰するということですので、規律をしっかりと設けたのですね。

この辺りは、優しい経営者は苦手な部分かも知れませんが、ここをあやふやにしてしまうと、優秀な人材から会社を去る事になってしまうようです。

優秀な人材が残らない会社は何れ厳しい状況に置かれてしまいます。
ですので、組織を作り、人を雇い入れ、成長を目指すのであれば、信賞必罰はキチンとしたモノを作り必要が有るという事ですね。

関連記事一覧