議論は楽しいが、決定はシビア

■議論は楽しいが、決定はシビア

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

社内ミーティングは楽しいですね。
その楽しさには、色々な意見が交わせるという所。

しかし・・・

では、決定は?

これは、楽しいとは言えません。
何事も決定というモノは、AかBかの二つから1つを選ぶ選択だからです。

いく、いかない

やる、やらない

上げる、下げる

入れる、入れない

きる、きらない

すべて、ミーティングでも最終的には選択する場面が訪れます。

その時、感情で判断していくと何れミスが起きると言われています。

ですので、この決定時には「非情」であり、「論理的な思考」でベストの選択をしなければいけません。

そして、この決定の最大ポイントが、何を捨てるのか?

「いく」「いかない」という場合も
「いく」と決めた時点で、「いかない」場合のメリットを捨てることになります。

また、誰かが傷つくというコトもあります。

しかし、未来を切り開くためには必要な決断です。

この場合、心が弱いと非常に悩み、決断した後も後悔するかも知れません。

しかし、組織の場合の最優先事項は、組織が未来に向けて生き残る事。
そう、存在し続ける事です。

その保証が、社員さんたちが一番安心する要素です。
そして、その上に組織の成長への期待感が仕事を楽しむ付加価値なのではないでしょうか?

ですので、リーダーは厳しいですし、やりがいがあるんですね。

関連記事一覧