マイクロバブルシャワーの使い方

■マイクロバブルシャワーの使い方

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

ボクは、家庭でのシャンプータイムをなんとか美容室並みに。
そういう思いで、マイクロバブルシャワーをご推薦させて頂いています。

家庭用のマイクロバブルシャワーは幾つも有るのですが、ボクがこれ!って思うのは「ピュアブルⅡ」というシャワーです。

サロンマーケティング研究所ブログ

16800円と通常のシャワーよりお値段がはるのですが、効果やコスト面では★★★★★つけちゃいます。
だって、一度購入したらカートリッジの交換が要らないし、40%も節水もしてくれます。

さらに、肌に良い!
そして、ソムリエ的にはマイクロバブルの効果。

それが、洗浄効果です。
NETでマイクロバブルと検索すると必ず洗浄の説明があります。

このマイクロバブルの洗浄は先ずは、人体適用成分。
水と空気が原料なので、髪や肌に負担がかからない!

さらに、シャンプー剤を使わずとも有る程度の汚れを短時間で取ってくれます。
ですので、素人さんのシャンプーテクニックでも湯洗いで充分汚れを取る事が出来ます。

その洗い方は、先ずはシャワーを当てながら指を頭皮に当てながら手櫛を前後に動かしていきます。
出来るだけ細かなジグザグが理想ですが、大雑把な時はそれを3回程度繰り返して下さい。

そして、今度はシャワーを頭皮に沿うようにゆっくりと前から後ろへと頭を縦に6分割程度をイメージして当てていきます。

イメージ的にはマイクロバブルが毛穴の中の汚れを浮かすイメージをして下さい。
この時点で髪は根元からしっかり濡れて、汚れもかなり取れています。

次にシャンプー剤をつけて仕上げのシャンプーをしますが、いつもよりも少なめで充分です。
そして、シャンプー剤をまたシャワーで流します。

この流しも、湯洗いのやり方でやって頂くとシャンプー剤が奇麗に取れます。
どんなに肌に優しいシャンプー剤でも残すのはNGですからね。
ですので、洗い残しを絶対にさせないつもりで行って下さい。

この時点でいつもよりも髪が柔らかいと感じる方は多いと思います。
何故か、マイクロバブルでシャワーをすると、髪が柔らかくなるんです。

さらに、マイクロバブルにはエイジング効果があると言われていますので、シャワーを浴びる事でお肌がつるつるになった方や、血行が良くなった方はかなりいらっしゃいます。

そして、スペシャルは、このマイクロバブル水を湯船にためて入浴をする!
方法は、空気を吸い込む穴が浴槽につからないように浴槽の縁に「ピュアブルⅡ」を固定して、適温より1℃高めの設定でため湯をします。

ボクの場合は、お風呂の蓋で「ピュアブルⅡ」を浴槽の淵に押さえています。
今回は2つ程お伝えしましたが、乾燥の時期ピュアブルで潤い髪と肌を手に入れて下さい!

関連記事一覧