アミジノシステインの開発者と

■アミジノシステインの開発者と

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日、突然ある方から電話を頂きました。
その方は、多分今のような日常を送っていたら一生合わないであろう。

そんな、遠い存在の方。

今日のタイトルにもある「アミジノシステインの開発者」の方からお電話を頂いたんです。
なんで、ボクに?

そのきっかけを作ったのは、このブログだったんです。
ボクが以前、このブログで「アミジノシステイン」別名「グアニルシステイン」について記事を書いたのですが、その記事をたまたまみて頂いたのがきっかけで、お会いする事になったんです。

現在は、この「アミジノシステイン」は日本理化学薬品株式会社さんで、製品化されていますが
通常であれば、ボクのような立場の人間であればここまでが出会いの限界。

サロンマーケティング研究所ブログ
純度99.3%のN-グアニル・システイン

でも、今回お会いした方はそれを開発した開発者の方。
お話を聞く事は先ずあり得ない事です。

ですので、今日は「アミジノシステイン」の詳しい化学反応原理や今後の研究商品の美容業界の未来を楽しくするお話を沢山してだだきました。

ここでは、詳しいお話は出来ませんが、「アミジノシステイン」は様々な特徴のある還元剤です。
面白い事に、吸着し易いアミノ酸等もあったり、何故「アミジノシステイン」を使用すると保湿力が上がるのか等もお話しして頂けました。

これは、今猛勉強を共にしている仲間に伝えないと!
そう思って、許可の確認をした所、快く了承を頂けました。

それに、いよいよパーマの歴史が大きく変わる新規原料。
ボクは不思議で不思議でしょうがなかったパーマの不思議に一つの波紋が生まれるお話。

いよいよか~って思います。

早く出ないかな~♪

そして、思うに
自分の考えをブログで書くのはいいですが
表現は否定的に書かない方が、今回のような幸運を引き寄せてくれるのかもと
今後の記事の書き方の基準を体験しました。

否定するなら、記事で書かずに自分はこう考えている。

そんな、敵を作る書き方はできるだけ押さえないとと思いました。

関連記事一覧