作り込んで削る

■作り込んで削る

こんばんは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

今日は、東京オフィスで半日ミーティングでした。
色々と決め事があったのですが、ボクのプレゼン資料もいよいよリニューアル!

初期の頃から徐々に情報が増え2hでは終わらないボリュームにふくれあがってしまったせいです。

このプレゼン資料のリニューアルは
凝縮し、さらにポイントを明確にする削るという事をしました。

確かに、何を伝えたいのか?
情報量が多いとぼけてしまいますからね。

人に伝えるって本当にやり込んでいかないと見えない事も多々あります。

今度は、完成した資料を社内でプレゼンして、更に話す事、スライドに入れる事を決めていきます。

そう考えると、プレゼンってある意味一つの演劇のようなものですね。
台詞とシナリオが決まっていて、一つの物語になっている。

きっと、そういう視点でプレゼンを考えると色々な気づきがあるのではないでしょうか?

関連記事一覧