やりたい事と、行動

■やりたい事と、行動

こんにちは。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

お店や会社をする上で、やりたい事って重要。
はじめは、ぼんやりとしている事でも、行動していく事で徐々にハッキリとしてくる事もあります。

ボクも、はじめはそうでした。
でも、やりたい事がハッキリとしてくると、また別のやりたい事が出てくる場合もあります。

それが、今までのやりたかった事と大きく違うのであれば、どっちが本業なのか?
それを考えるコトが必要かと思います。

また、やりたい事を延々と同じパターンでやっていく事は数字等で検証すると
そのために行っている行動が正しいのかどうかを教えてくれます。

数字があまりにも変化無かったりすると、行動・・・。
つまり、やり方や仕組みが良くないという事になります。

「やりたい事」と「仕組み」と見た場合

「やりたい事」はあまり変化させずに深堀をしていくもの
「仕組み」は状況に応じて変化させていくもの

この2つの関係は結果同じ物のために存在しますが
考え方は違うものでは無いでしょうか?

道路で考えれば
道と乗り物の関係に似ています。

サロンマーケティング研究所ブログ
嵐の前の感じってどこか幻想的です

いきたい所は変わらないけれど、選ぶルートが違う。
規模や経験数が代わり、やりたい事が増えた場合は、乗り物の選択が増え、ルートもいくつか出てきます。

あとは、時間ですね。
いつまでにってことです。

この時間をあまり気にしないと、あっというまに道が無くなったり、別の移動手段が出来たりと今までのやり方が通用しなくなる事もあります。

そうなると、やりたいと思っていた事が中途半端になってしまいます。
では、沿うならないためにはどうしたらいいのか?

沢山の人にやりたい事を伝えておく事です。
それが、情報発信であって、様々なフォローを促す作用が働きます。

自分の頭の中であたためているより、色々な人にこうしたい、こうなりたい!
それを伝える事です。

また、言ったからには責任が生まれますので、時間感覚や、行動にブレーキがかけ難くなる環境が出来ますので、自分自身のモチベーションの維持になるものです。

あなたは、何をしたいですが?
たくさんに人に伝えてみましょう!!

関連記事一覧