ターゲットへの呼びかけ

■ターゲットへの呼びかけ

おはようございます。
シャンプーソムリエ こと関川忍です。

先日札幌の美容室で夜間のPOPセミナーをさせて頂きました。
こちら、オーナー以外女性スタッフばかり!

そう、既に素晴らしいPOPが誕生するであろう可能性が十分にあります。
そして、POPの中の基本構造で、ターゲットを明確にしたキャッチフレーズが重要であると言われています。

基本的なPOPのお話や事例をお伝えした後いよいよワークショップ開始です。
3チームに分かれてブレスト!!

サロンマーケティング研究所ブログ
マインドマップならぬエクスマップを活用

皆さん、楽しくドンドンとアイディアが飛び出してきます。
流石に、柔軟ですね~。

そして、ここのチームで凄いターゲティングとキャッツが誕生したのです。

サロンマーケティング研究所ブログ
チョット面白すぎって感じの会話が飛び交っています

ここのチームは、キュベシノブの大ファンに対して、業務用の予約販売を促すPOPを作られています。
そのターゲティングが凄い視点だったんです。

それが、キュベシノブの大ファンは、髪を洗うのはもちろんですが、体のあらゆるところを洗い始めているという設定。

事実、様々なところを洗い始めているお客さんが多いそうです。
そこで、そういったお客さんへのキャッチコピー

・・・チョット忘れぎみですが、こんな感じだったとおもいます。
「あそこは、もう洗っていますか?」

ん~こんなイメージのキャッチコピーでしたが、正確にはすみません・・・覚えていません。

そして、最後の行動を促すところでは
「あなたは、どこ洗っているの?」ってスタッフに聞いて下さい!

完全にキュベシノブファンだけにしか通用しないコピー。
その他のメンバーの方もキュベシノブの既存顧客向け、まだキュベシノブを使った事の無い新規のかた向けの面白いPOPを作られていました。

やっぱり、ターゲットを明確にしぼって、楽しみながらPOPを作る。
POPの完成度なんてその次。

面白いPOPなら必ずお客さんも楽しんでくれます。
それで、最初はいいんじゃないでしょうか?

何せ、仮説→検証→修正の繰り返しで、必ずヒットするPOPは完成します。
また、今回のPOPも反応が楽しみです♪

サロンマーケティング研究所ブログ
のい美容室の皆さんと

関連記事一覧