無意味な言葉の記憶は、24時間たてば74%が失われる

■無意味な言葉の記憶は、24時間たてば74%が失われる

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

「無意味な言葉の記憶は、24時間たてば74%が失われる」と言った

Hermann Ebbinghaus(ヘルマン・エビングハウス)というドイツの心理学者がいます。

この解釈は、人間の記憶というものは、あいまいなので、『反復的な復習』と『知識の意味づけ・関連づけ』が重要になってくる。

 


これは、一般的には『エビングハウスの忘却曲線』と呼ばれるものです。

 

<実験データ>

20分後には42%を忘却

1時間後には56%を忘却
1日後には74%を忘却
1週間後(7日間後)には77%を忘却
1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却

 

興味のない情報は、このようにドンドンと脳の中で消去されていきます。

現代人の1日の情報量は、江戸時代の人の1年分と言われていますから、必要性の無い情報は、当然消されても仕方ありませんね。

つまり、あなたのお店、話したコト等も、必要性が感じられなければこのペースで忘れ去られていく可能性があるということです。

 

この、脳の仕組みからも「忘れられないこと」って大切ですね。

関連記事一覧