低温スチーミングの美容効果

■低温スチーミングの美容効果

 

こんばんは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

最近、「とくダネ」で放送されるなどテレビでも注目される低温蒸しをご存じでしょうか?

 

この調理法は食物の酸化を最小限に抑え、栄養価や旨み成分を閉じ込めることが出来る最も効果的な加熱方法で、スチーミング調理技術研究会代表の平山一政氏が発見されました。

 

この方法で一度野菜などを、蒸すと数日後の野菜の鮮度が落ちなかったり、パサツキやすいお肉などがジューシーでいられる等様々な効果が期待されています。

 

その温度は50度!

 

幅は、48度から52度のようで、それ以上だとうまみ成分が出てしまうそうです。

 

この、理論を強引にヘアケアに応用できないのでしょうか?

 

近年、スチーム技術や加熱式のパーマ技法が盛んになっていますが、この理論も関係しているのではないでしょうか?

 

野菜やお肉の鮮度やみずみずしさが持続するのは、生態に対しても何らかの効果があるのではないのではないかと思います。

 

この50度で1分程度野菜やお肉を洗うと・・・

☑汚れが驚くほど落ち、素材が美味しくなる

☑失われていた水分が瞬時に吸収さ、シャキッとした状態に戻る

☑5日経過してもシャキッとし鮮度が保たれている

☑腐敗菌や病原菌を減らす除菌効果がある

☑しなびかかっていた野菜が新鮮な状態に再生する

 

このような、効果があるようです。

但し、お肉は保存向きでは無いようですので、その後スグに調理されるといいようです。

 

50度でのヘアカラー、パーマ、トリートメント

この温度を中心に現在の美容室メニューの検証はありなのかと思います。

 

ちなみに、50度程度の低温は火傷になるコトはないようです。

関連記事一覧