石鹸シャンプーに興味深々

■石鹸シャンプーに興味深々

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

また、薬局で気になるシャンプーを2種購入しました。

これからじっくり試そうかともいますが、その一つに「石鹸シャンプー」があります。

 

石鹸はボクも好きで身体を洗うのは石鹸を使っています。

でも、髪に対してはどうなのでしょう?

 

それでも気になる~。

 

そこで、石鹸シャンプー類に良く使われている界面活性剤の一つに「ラウロイルサルコシンNa」という成分があります。

 

この「ラウロイルサルコシンNa」は、アミノ酸の一種であるサルコシンとラウリン酸との縮合物で、湿潤性のすぐれた陰イオン性界面活性剤とされています。

また、アミノ酸系としては特異な存在で、殺菌性をもつ洗浄剤で、洗浄力は石けんや硫酸系に劣らないので、石鹸シャンプーに配合されているのでしょうか?

但し、原料としては少し昔の原料で、粘膜への刺激性やアレルギー性などから旧表示指定成分でした。

 

まっ、今現在この「ラウロイルサルコシンNa」自体が改良され、そのようなコトが無くなっていればいいのですが、どうなのでしょうね。

 

旧指定成分自体も、もう古い症例を元にしていていましたので、最近はあまりボクは気にいしなくなってきました。(一部のネットサイトでは未だに悪役とされていますが)

 

話しは戻りますが、この石鹸シャンプー類には「アミノ酸石鹸」と呼ぶものもあるようです。

こんな分類あったんだ!?

 

しかし、調べてみると通常石鹸に用いるカリウム、ナトリウムなどのアルカリ金属の代わりに、アミノ酸のL-アルギニンを応用して作ったもので、中性のシャンプーのようです。

 

ですので、メーカーさんが独自につけたオリジナルの呼び方のようですね。

 

どっちみち、pHが高めなのでダメージヘアや敏感肌の方にはどうなのかな~って思いました。

関連記事一覧