アスリートから学ぶ目標と結果

■アスリートから学ぶ目標と結果

 

こんばんは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

ロンドンオリンピックタイン盛り上がり、日本でも過去最高のメダル獲得という素晴らしい祭典でした。

そして、そこで活躍されたアスリートの方がたの姿やコメントから感じたことがあります。

 

まず、アスリートの方々は常に競争の世界にいます。

記録との競争、ライバルとの競争。

 

そういう中で彼らは、常に自分のレベルというモノを確認できています。

美容室でいうと、スタイリストの売上や指名数が全国、世界レベルと常に比べられています。

 

ですので、コメントなども非常に謙虚さを感じるコトが多いのではないでしょうか?

また、調子に乗ったり、楽しているといつの間にか記録が落ちたり、ライバルに勝てなくなってしましいます。

 

だから、日々の厳しいトレーニングを続けているんですよね。

お酒を飲んで騒ぐコトもあるでしょうし、時にはデートやバカンスを楽しむことでしょう。

 

しかし、彼らは目標を持ち続け、試合に出て自分の位置を確認しています。

 

そう考えると、美容師さんもそれ以外の職業の例えば営業さんでも、コンサルタントの方でも、常に自分の立ち位置を考えて、仕事に手を抜かないコトが結果に結びつくのではないでしょうか?

 

だから、今回おしくも金メダルが取れなかったアスリートは、悔し涙が出て、金を取った人は感動の嬉し涙が出てくるのでしょうね。

 

最終的には自分との戦いになると思いますが、せっかく素晴らしい姿を観たばかりですので、彼たちの姿勢から何かを自分のビジネスに変換してもらいたい思います。

 

生きていくには十分な稼ぎはあるし・・・

そんなに熱くなれない・・・

仕事より遊びが大切・・・

 

そんな気持ちでビジネスをしている人はいないと思いますが

目標達成できない時に悔し涙が出るような、ビジネスに対する姿勢はきっとアスリートの姿のように、周囲に勇気と感動を与えることでしょう。

 

大切なのが、日々の真剣にビジネスに取り組む姿勢なのでしょうね。

関連記事一覧