独自ビジネスの見つけ方

■独自ビジネスの見つけ方

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

現在市場を満たしているビジネスは、基本的に同類のビジネス形態のオンパレード。

 

だから、その業界景気が悪くなると皆、こぞって悪くなる。

 

当たり前のコトですよね。

 

しかし、その中のごくわずかな所だけはドンドン儲かっている。

不思議ですよね~。

 

でもそれには理由があります。

それは、同業には無く、過去にもなかった新しい価値をもったビジネスモデルだからですよね。

 

この、似て非なるビジネスモデル

例えば、1000円カット等はその代表的な成功例でしょう。

 

では、似て非なる同業界でのビジネスモデルの見つけ方には、なにかコツがあるのでしょうか?

 

そのコツは何かというと、常に現場に出て市場を観察するコトだそうです。

それも、たぶんお客さんの立場になってという視点でその業界市場を見渡すコトではないでしょうか?

 

そして、新しい価値を持ったビジネスを始めたら、どんなところにお客さんは魅力を感じているのか?

または、不満や不安があるのだろうかと、改善点を常に探し、修正を加えていくコトのようです。

 

これを継続していくことで圧倒的な独自のビジネスモデルが完成するのでしょう。

同業から学ぶのはその一部。

 

大切なのは、自分と市場との間に転がる沢山のアイディアの種を速く見つけ出し、形を作るための行動を起こすコトですね。

 

これから、国内の総人口はドンドンと減っていきます。

似たようなビジネスモデルで市場を取り合うのも今以上に激化するコトは間違いないでしょう。

 

そのためにも、独自のビジネスモデルを早めに創り上げていく必要があるのではないでしょうか?

 

関連記事一覧