毛量チェックってどう?

■毛量チェックってどう?

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

今日も海水浴、つりを楽しみ

そして今、子供たちがプールにいっている間のホット一息タイムにブログ更新です。

サロンマーケティング研究所ブログ
午前中の海の写真です

 

こんな定番メニューがあったら・・・そう言う記事です。

 

今後、日本は高齢化が進んで行きますよね。

美容室の定番メニューも徐々に増やすか、進化させていく必要性は当然あります。

 

そこで、ボクが気になるのは「毛量」

ここを、30~40代位から気にし始める人が増えていませんか?

 

お客さんとしては、なるべく自毛でヘアスタイルを楽しんでいきたいというのは当然です。

でも、減り始めてからどうしようと思うのも当然と言えば当然です。

 

しかし、減り始めたと気づく次期で、予防のしようがまだまだあると思いませんか?

 

そこで「毛量チェック」というメニューはどうでしょうか?

 

希望者は定期的にその診断を受けることで、毛量が減るのを先延ばしできるという感じです。

たぶん、メニューで「薄毛チェック」と書かれるより「毛量チェック」と伝えた方が、マイナス感が出ないので、希望者も増えるかと思います。

 

後は、やり方次第ですが、「毛量チェック」という表現と、どういう診断をするかを考える必要はありますね。

 

たぶん、ここで各サロンさんの個性が出てくるかともいます。

 

もし、このようなメニューが出てきたら、その美容室は新しい顧客の開拓にもつながると思いますが、

どちらかの方がやられたら是非、その効果はどうだったのかお聞きしたいと思ってます。

 

関連記事一覧