声に出して読んでみる

■声に出して読んでみる

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

サロンマーケティング研究所ブログ

お客さんにニュースレターを書く場合や、ブログ記事を書く場合、文章力よりも実は感情表現がとっても大切です。

 

自分では少しオーバーな表現でも読み手にはそれほどオーバーとは感じないモノです。

 

ですので、自分の思いを文章に込める時はオーバーな位感情を込めた文章を書くと伝わり方が変わってきます。

 

例えば、美味しいレストランが近所に出来たので食べに行った記事を書く場合も、ただ単に事実を書くのではなくって、お客さんから美味しかったという話を良く聞くので、どうしても一度行きたくて行ってきたという言った理由を書いたり、お店に入っただけで既にいいにおいが漂っていて、メニューを眺めるときに思わず顔がゆるんで、しまった等のその時の自分の感情を正直に書いた方が読んネいて楽しい記事になるモノです。

 

それでも、文章に自身が無いという方にオススメが

書いた記事を「声に出して読んでみる」というコトです。

 

口に出すことで、記事を読んだお客さんの擬似体験ができます。

すると、修正個所や、こんな表現の方がもっと伝わるかなぁ~?

 

そんな、気づきが沢山えることができます。

文章が苦手な方、是非やってみてください!

 

きっと、素敵な文章にいつの間にかなっていると思います。

 

関連記事一覧