もう、コピーはいらない時代に

■もう、コピーはいらない時代に

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

ふと、今美容業界で出ている商品をイメージするとまるで満員電車のように、同じ様な商品が所狭しと折り重なっているような気がします。

 

それは、必ずオリジナルが誕生するとそれを真似るメーカーが湧き水のごとく次々に現れてくるからです。

企業としての生き残りのためには必要なコトかもしれませんが、ボクはそう言うのって楽しくない。

 

そう感じます。

 

だいたい、マーケティング部があるのか・・・

多分あるともいますが、殆どの仕事はいま美容室では何が売れているのか?

どこのメーカー商品が注目されているのか?

 

そういった他社のことばかりリサーチしているように見えるのはボクだけでしょうか?

新しモノを創造する立ち場なのに、売れている商品を真似て、楽しいのでしょうか?

メーカーはもっとクリエイティブな姿勢でいるべきかと思います。

こんなの欲しかった!

 

そのような、現場の美容師さんが楽しくなるような商品を開発する。

新商品をドンドン発売するのではなく、長く使える完成度の高い商品をじっくりと作り込む。

 

それが、本来のメーカー像なのかと思います。

 

他社製品をリサーチ、分析するのであれば、美容室の困りごとをリサーチする方が、よっぽど業界貢献になるとボクは思っています。

 

または、その時の美容室現場を理解し、こういうモノがあったらきっと美容師さんは助かるんだろうな~。

そんな、モノを作って欲しいと思います。

 

また、現場の美容師さんと共同で開発するのもいいですね。

 

但し、共同開発する美容師さんの得意分野を見極めたうえで、商品開発に入らなければ高品質で楽しい商品は出来ません。

 

速く満員電車の状態から、この美容業界がグリーン車のような状態にならないかなぁ~。

そう思います。

 

現場の美容師の方、そう思いませんか?

 

「○○と同じ商品です」

「○○の市場を取るための商品なんです」

 

そんな、商品は単なるコピー商品で、自社利益だけを追求しただけのつまらないモノ。

そうではないでしょうか・・・?

 

関連記事一覧