マイクロバブルの発祥

■マイクロバブルの発祥

 

こんばんは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

先日ボクのブログで「マイクロバブルシャワーヘッド」の記事を書きましたが、思いのほか、お問い合わせやご注文を沢山頂きました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
バックシャンプーorサイドシャンプーどちらにも使えます

 

現在、徐々にですが販売の準備をさせて頂いております。

既に毎日ご注文をいただいているのですが、納品はもうしばらくかかるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

話しは戻りますが、せっかくなので、マイクロバブルの背景について、今回はご紹介させて頂こうかと思います。

 

先ず、マイクロバブルはもともとは汚水の浄化研究から始まったようです。

それも、20年以上も前からなので、今は当時の情報を入手するコトは非常に困難です。

 

でもボクは入手できたのでラッキー!!

 

しかし、当時は「マイクロバブル」という呼び方はしていなかったようですね。

 

マイクロバブルは、水中に気体を溶かしこんで、その浮力で汚れを浮かすという原理で、そもそも、ヨーロッパで研究が始められたそうです。

 

その後、日本でも十数年前から研究が本格的に進み、徐々に国内で広がりを見せているのが今と言うコトになります。

 

最近では、ペットショップで家庭用のマイクロバブル発生器なども販売されているところもでてきていますので、後数年でポピュラーなモノになるのでしょうか?

サロンマーケティング研究所ブログ
ペット好きの方は既にご存じなのでしょうね

 

初めは、日本独自の技術だという情報が出回っていましたが、本当のところはヨーロッパが発祥の地でした。

 

やはり、日本はアイディアを進化させる名人の国なんですね。

関連記事一覧