マーケティングを学ぶ人の資質

■マーケティングを学ぶ人の資質

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

最近気付いたことがあるのですが、マーティングを学ぶ人には「資質」が必要な気がします。

そんな気づきを今回のブログで書こうと思います。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
なんか、凄いモノを見つけちゃった!

 

先ず、あなたがとっても凄いコトを発見したとします。

あなたは、家族や友人にそれを伝えたいと思いますか?

 

・・・YES!

 

では、あなたの仕事はどうでしょう?

 

その凄いコトと同じくらい、色々な人に伝えたいですか?

 

YES・・・?

NO・・・?

 

ハイ、ここであなたの仕事に対する情熱や責任、自信、使命感等が解りますよ!

 

本当に、多くの人のために、いやいや世の中のために自分はやっていると思う方はYESと答えるでしょうね。

 

だって、多くの人に自分の仕事は役立つと思っているからですよね。

 

でも、残念ながらNOと思ってしまった人は、世の中のために自身の仕事を考えられていないのかも知れませんし、誰かを本気で幸せにしたいからその仕事をしているというわけではなさそうですね。

 

これが、最近ボクが気づいた「マーケティングを学ぶ資質」です。

 

この資質を持ち合わせていない限り、まずマーティングを本気で学ぼうとはしないでしょう。

 

しかし、この資質はもう一つの悪の資質も確実にいます。

 

それが、多くの人に伝えて大儲けしようという想いが先行してしまう、不完全な資質です。

 

同じ資質を持ち合わせているので、マーケティングを必死に学ぶでしょうが、それが世の中のためではなく、自分のためという目的の欠陥がある方です。

 

安売りチラシを毎回新聞折り込みや、フリーペーパー等に入れている所は業種問わずそんな欠陥のある資質を持ち合わせている会社やお店だと思います。

 

これは、ビジネスの本質からすればNGでしょう。

 

話しは戻りますが、マーケティングを学ぼうとしない人は、残念ながら仕事の目的や、存在価値を一度考えて欲しいなぁ~って思います。

 

集客に意味はありません。

集客はあくまで結果です。

 

大切なのは、情報の質と発信方法です。

関連記事一覧