応援される人と、されない人の伝える力

■応援される人と、されない人の伝える力

 

こんばんは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

世の中、些細なことでトラブルを起こします。

ホント、つまらないコトで起こるモノですね。

 

その殆どは、適切な情報を伝えていなかった場合や、伝え方です。

ボクは、最近会社で「応援してもらえるコミュニケーションを考えよう」と言っています。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

そては、組織は人間関係がうまくいくことが最高のパフォーマンスを発揮する条件だからです。

例えば、こんなことを伝えています。

 

◆ある仕事を、なかなかやってもらえない時。

 

そんな時は、遅いな~って考えずに

きっと、忙しくてなかなか出来ないんだろうなぁ~って思うコト。

 

そして、結果自分で時間が取れたのでやる時の一言!

 

:「何で、まだやっていないの!」

  「いいよ、やらないんだったら自分でやるから」

 

B:「忙しそうなんで、私時間が取れたのでやっておきますね」

 

ここで、考えてほしいのは、全く同じ行動をとるのに、相手に対しての印象が全然違うというコト。

 

そして、AまたはB、どちらが応援してもらえる人になっていくでしょう?

 

特に、将来組織のリーダーになる人って、やっぱり組織のメンバーに応援される人でなければ大変ですよね。

 

応援されるコミュニケーションってボクは組織内で凄く大切なコトだと思います。

 

関連記事一覧