シャンプーソムリエの「プロテオグリカン」についての調査報告

■シャンプーソムリエの「プロテオグリカン」についての調査報告

 

次世代の超保湿美容成分「プロテオグリカン」が、フジテレビノンストップ.

若返りの大本命 !次世代の超保湿美容成分「プロテオグリカン」 ノンストップ!で放送されました。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

そこで、実際に化粧品などにどのような効果があるのか調べてみました。

 

まず、プロテオグリカンは、タンパク質と糖鎖(グリコサミノグリカン)が共有結合した複合糖質の一種で、主に動物の細胞間組織の構成成分です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸とならぶ動物の軟骨の主成分でもあり、保水性に優れ、経口摂取も可能な、人体にきわめて安全な素材で、医薬、再生医療素材や化粧品原料として大きな期待を持たれています。

 

これだけの、特徴がありますので、非常に面白い成分であるコトは間違いありません。

 

では、調査した結果ですが、これはあくまでもボクの見解です。

 

プロテオグリカンは、非常に不安定な性質をもっています。

例えばカチオン化成分と併用するとスグに塊となって、分散しません。

 

これらは、原料の取り扱いに注意事項として書かれているくらいですので、非常に扱いが難しいというコトがわかります。

 

それでも、使おうとするのであれば、あまりカチオン化成分を使用できないので、非常にシンプルな製品なら良いのではと思います。

 

つまり、濃度の薄い製品と言うコトです。

どんな成分にも有効濃度という効果が期待できる濃さがありますので、少ししか使えないのは残念です。

 

そう考えると、あえてプロテオグリカンを使わなくても、たの保湿成分などを使えばいいのでは?

そう思ってしまいます。

 

もう少し、扱いやすいプロテオグリカンが登場するのを待つとします。

関連記事一覧