真似ても効果が出ない販促物

■真似ても効果が出ない販促物

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

よく、マーケティングで成功事例は真似ろといいますが、実際にあなたは真似てみたことがありますか?

そして、実際の販促効果はいかがでしたでしょうか?

 

たぶん、当たった方と、反応が今一つ期待外れだった方がいらっしゃると思います。

では、何故そのような結果になったのでしょう?

 

実は、真似方にポイントがあります。

当たった方は、真似たとしても、ポイントはずれていませんが、反応が今一つの場合は、どこかポイントがずれている可能性があります。

 

販促物は1回で全てが上手くいくとは限りません。

どんなに優秀なマーケティングコンサルタントの方が販促物を作ったとしても、反応が低い場合も当然あります。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
なんでだろう~?

 

それが、販促と言うモノなんです。

 

販促専門の大手企業でさえも、同じ様な販促物を何度も出して、効果測定をしながら最も反応の良い販促物を仕上げていきます。

 

つまり、ターゲット層にピントを合わせていく作業を様々な角度で分析し、修正をかけていきます。

 

出来れば、反応が今一つだった場合を想定して、反応のあったお客さんに、前もってどこに興味を示したのか?

 

それを、ヒヤリングしていくことをお勧めします。

 

すると、ズレているポイントも見えてきますので、調整に入ることができるものです。

 

販促物=1回では結果が出にくいと覚えておいて下さいね!

 

関連記事一覧