礼節と共感の時代

■礼節と共感の時代

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

電子メディアが24時間沢山の情報を発信する時代、その情報発信は各個人でも自由にできます。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

このような時代は自分の都合で情報を書き換えたり容易にできる、いわば極端な個人主義の時代でもあります。

 

ある意味、非常に寂しいとも捉えられますね。

 

そんな時代だからこそ、人と人が結びつくコトに大きな重要性があるんです。

この結びつきに関して臨床心理学者のアーサー・C・シアラミコリー氏は次のコトを述べています。

 

「共感は、人間の最も深い欲求に光をあてるものだ。

人間が生き残れるかどうか、それは他人のことを正しく理解し、

こまやかに対応していく能力の有無にかかっている」

 

時代のキーワードでもある「共感」とは、他者や社会のために正しい行動を選ぶという礼節が始まりです。

 

まずは、他人の気持ちに共感するコト、そうすればあなたの行動が相手に対してどんな影響をおよぼすかが見えてくるものです。

 

その先に、共感とう心の繋がりをもつことができるんですね。

関連記事一覧