ノンアルカリ、アンリミット!

■ノンアルカリ、アンリミット!

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

先日は、東京都杉並区の株式会社ボヤージュコスメティックスさんにお邪魔してきました。

>>http://voyagecosmetics.sakura.ne.jp

 

ボヤージュさんの母体は美容室。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

こちらの、美容室のパーマ比率は50%を超えています。

一般的なサロンにおけるパーマ比率は、わずか20%~30%が平均と言われています。

 

中にはパーマ比率80%や70%の素晴らしいサロンさんもありますが、それなりのデザインや技術も必要なのでお店全体で上げるのは大変です。

 

しかし、ボヤージュさんでは、そこまでしなくても、50%はどんなお店でもいけるといいます。

 

その背景には、社長である安藤さんのお客さに対する責任感と、熱意がありました。

 

お分かりの通り、日本人の骨格は欧米化してきたと言えども、凹凸が少ないため、ヘアスタイルのボリューム感等を調整するには「パーマ」がうってつけです。

 

しかし、ハイダメージの方から、健康な髪まで様々です。

健康な髪なら、まだパーマをかけ続けることができますが、ダメージがひどいと、パーマさえ無理になってきます。

 

そのダメージの一番の要因は「アルカリ剤」です。

「アルカリ剤」は本来髪の中に還元剤を届けるためにキューティクルを人工的に開く目的や、還元剤の働きをサポートする原料として、多少なりともパーマ剤には必要でした。

 

すると、このアルカリ剤が残留したりすると、ダメージを進行させてしまいます。

そこで、アルカリ除去は徹底して行う必要がありました。

 

・・・が、しかし。

 

残留したアルカリはなかなか100%除去が難しいのが現状です。

 

そこで、安藤さんは様々な薬剤を使いこなす中、自分の理想とするパーマ剤が世の中にないコトに気づき、自分で作り始めたそうです。

 

結果、友人などから、分けて欲しいとの声が増え、メーカーも始められました。

その少し後にフェイスブックでの友達になりました。

 

そして、先週ご連絡をいただき、お会いするコトになりました。

たまたま、キュベシノブもご自分でお使い頂けていたコトもあってので、何かとご縁を感じます。

 

そこで販売する商品が、現在ボヤージュさんのパーマ比率50%という高い数値の支えになっている、「アンリミット」シリーズなんです。

 

これは、完全にノンアルカリタイプですので、継続したパーマでもそれほど毛髪強度を落とさずに、何度でもかけられる秘密兵器なんですね。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
気さくで話し方がとっても優しい安藤社長と

 

コレを使うことで、人気のストカールも簡単にできるそうですよ。

 

いままでのストカールは一度矯正をして、再度カールをつける工程に入るので、非常に時間がかかっていましたが、アンリミットの場合は、ワンプロセスで出来てしまうそうです。

 

既に口コミで今年だけで100軒の美容室で使い始めているそうですが、ノンアルカリであらゆるパーマができるのは非常に魅力を感じますネ。

 

今度、安藤さんのお店で、ノンアルカリパーマアンリミットをつかったストカールやクリープ等の勉強会でもやりたいですね。

 

ストレート&カラーや、ストレート&カールといった複合メニューを「プレゴ」とアルカリゼロの薬剤を使って行う施術例をご紹介しています。

>>●「プレゴ」&アルカリゼロで短時間で結果が出せるケミカル複合施術

こちらの商品は、セレクトカンパニーの株式会社アイザでの取りあつかを検討しています。

関連記事一覧