個性は非常識から

■個性は非常識から

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

お客さんがまた行きたいと思えるお店、人に話したくなるお店

そう言うお店には何かよそのお店と違う特徴的なモノがありますよね。

 

例えば、ドラッグストアーの大手「マツモトキヨシ」は、店頭に商品を並べるという、それまでの閉鎖的な薬局とは違う、八百屋さんのような開放感を薬局業界で初めて行いました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
千葉県松戸市北小金にある1号店
お店には22号店と書いてあるのが上手い!

 

それまでの、薬局店の常識をガラリと変えたビジネスモデルでした。

 

このような、形式はもう一つ追い風をもつコトも多々あります。

それが、口コミです。

 

ただ、レイアウトを変えただけで、消費者の頭の中にに植え付けられた「常識」をガラリと変えました。

先日、立ち寄った小さなサービスエリアもそんなお店でした。

 

通常のサービスエリアの入り口にはお土産品や、ジュースなどの販売機等が並んでします。

少しでもお金を落としてもらうためですね。

 

しかし、このサービスエリアは全然そんな気がありません。

入り口にはなんと!!

サロンマーケティング研究所ブログ

なんと、商売のやる気のなさ。

ガンダムやカメラ・・・まさに私コレ好きなんです!と言わんばかりの入り口です。

 

これ以外にも店内にはどう見てもサービスエリアでは買わないでしょうという、趣味のモノを並べまくっています。

 

まったく、売る気が無いですね~。

 

でも、なんだかんだ言って趣味のサービスエリアを経営している店主の人柄も良く、店主の好きなお土産を説明されてた結果、買ってしまうモノです。

 

更に、皆に好きなものを目の前で封を切って試食させてくれるんです。

完全に、好きなモノを売る姿勢。

 

こんな、ビジネスの形も口コミになり易いですよね。

関連記事一覧