時間と質

■時間と質

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

「丁寧な仕事」「じっくりやる」こういう言葉は一見いいよに聞こえますが、本当にそうなのでしょうか?

 

ボク的にこのセリフは良くも悪くも取ることができるかと思います。

 

例えば、1時間に100%のクオリティーを出す人と、3時間かけて100%のクオリティーを出す人がいるとします。

 

すると、どちらが仕事の質が高いのでしょう・・・。

 

当然、同じクオォリティーであれば、前者ですよね。

 

これは「時間」と「質」の関係があります。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
水力デジタル時計! Water Powered Can Clock

 

時間をかければいいモノができるという場合、次の成長のステップがあるならば、時間を短くすることです。

 

時間が短いほど、手も早くなければいけなかったり、無駄を無くしたり、思考スピードの速さも求められてきます。

 

手際が良い、仕事が綺麗と言われる人はたいていこの3つを満たしているものです。

 

また、時間が決まっている場合は、その時間内の「質」を上げていくコトを考えなければいけませんね。

 

プロフェッショナルを目指すのであれば、「時間」と「質」を常に意識しましょうね!

 

関連記事一覧