キュベシノブ以外のシャンプーを作るとしたら

■キュベシノブ以外のシャンプーを作るとしたら

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

シャンプーに使われている成分が「合成」だとか「天然」だとか成分に詳しい人が増えてきていますネ。

 

傾向としてはとってもいい傾向・・・・・ですが。

 

でも、そこにあまり注意しすぎると、使い手が見えなくなっくるとボクは思います。

つまり、使うのは人ですからね。

 

また、最近の原料は石油から作られていても安全性が向上してきています。

逆に、植物から抽出した原料でも肌荒れを起こすモノもあります。

 

結果、誰が使うのか?!合うか合わないか?!

 

そこがとっても重要だとボクは思います。

 

これは、ボクの考え方なので、違うっていう方もいるかと思いますが。

 

ボクの作ったキュベシノブシャンプーは、アトピーの娘に使ってもらうためと、手荒れの美容師さんの手を守るという目的で作りました。

 

つまり、どちらかと言うと肌が弱かったりする方に気持ち良く安心してシャンプーを楽しんでもらうためのシャンプーがキュベシノブシャンプーです。

 

でも、肌が健康的な方は、別の選択肢もありかと思います。

 

もし、ターゲットが違ったら、全く別のシャンプーを作ると思います。

 

例えば、皮脂の分泌量が多い方には、皮脂をスッキリ落とすシャンプーが必要です。

 

また、このよな傾向の年代の方は若者等が多いので、髪はダメージしている方が多いですので、トリートメントで擬似修復させるように考えるかと思います。

 

つまり、皮脂をきっちり落として、トリーメントでダメージを擬似修復って感じです。

 

当然、経皮吸収の恐れがある成分は避けるかと思いますが、シャンプーはシンプルで、トリートメント成分も殆ど入れないと思います。

 

・・・多少、髪がもつれない程度にですけどね。

 

髪がもつれれば、物理的な負担が髪にかかるのでその点は注意するでしょうね。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
彼女にはどんなシャンプーが良いのかな~?
良く見ると・・・

 

どんなシャンプーが良い、悪いではなく、どんなお客さんがいて、お店としてはどのようなシャンプーを用意しておけばお客さんのアフターケアに責任が持てるのか?

 

だって、アフターケアの主役となるシャンプー&トリートメントは美容師さんの代わりに、再来までの間お客さんの髪や頭皮を守ってくれるものですからね。

 

これはボクの持論なんですが、お客さんに勧めるシャンプー&トリートメントは美容師さんの分身なんだといつも思っています。

 

だから、取り扱う場合は真剣に検討する必要があります。

 

モニターを取るのもいいでしょうし、自分たちでも使うべきですよね。

 

ボクがオススメのシャンプーは、本気で現場の美容師さんが作り込んだシャンプー&トリートメントはメーカーさん以上の商品価値があるかと思います。(あれっ・・・ボクもメーカー?!)

 

この本気でと言うのは、売り線では無く、愛情を持ってお客さんのコトを考えて作ったモノのことを言っていますので、誤解のないように!

 

また、想いを持った美容師さんが、メーカーさんと喧嘩しながら商品開発に関与したモノも良いと思います。

 

美容師さんが本気で作ったシャンプーも、探せばいるものです。

 

・・・いくつかあるなぁ~(笑)

 

シャンプーを作らないまでも、客さんにベストチョイスなシャンプーをお届ける立場の美容師さんは、その方々の考えや知識を少しでも取り入れるコトで、ドラッグストアーやネットショップには無い、つながりがお客さんと持てるとボクは信じています。

関連記事一覧