昔危険でも今は安全な成分

■昔危険でも今は安全な成分

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

今日1回目の記事で、「あなたはネズミですか?!」と叫んでいましたが、読んでいただけたでしょうか?

 

そして、ボクは天然成分であろうが、ケミカルであろうが肌が、敏感な方や肌荒れを起こしている人でも何の症状もでないモノは基本、その人に合っているということで合格と思っているという事を書かせて頂きました。

 

だって、使うのは人で、ネズミでは無いですからね。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
どうみても、ネズミじゃなです・・・よね(^_-)

 

そして、本日2回目の記事では、その成分の具体的な1例を書かせて頂こうかと思います。

これは、以前のボクならばNGでしたが、いまは合格を出したいと思っている成分です。

 

つまり、安心安全を振りかざし、危険!猛毒!と言われていた成分についてです。

 

それが・・・

 

プロパンジオールです。

 

ちなみに、プロパンジオールは保湿剤、感触改善剤、溶剤、静菌効果が期待されている原料で、グリセリンとの併用で効果が持続します。

 

以前は、ラットの雄性生殖能の低下や腎・肝毒性等が報告されているものもありましたが、原料の研究も進み今では安全性の高いタイプも開発されています。

 

では、プロパンジオールを悪役に仕立て上げている・・・

今現在でも、セミナーで悪役にしているメーカーさん。

 

ボク的に、もう少し勉強したほうが・・・(恥ずかしい)

 

そう思える程、堂々と古い知識をかざして、セミナーをやられているメーカーさんは、何を根拠にそう自信満々で言っているのでしょうか?

 

少し、調べれ見ましたが、昨年にこんな報告がありました。

 

3-クロロ-1,2-プロパンジオール及びこれを含有する製剤」および「1-(4-フルオロフェニル)プロパン-2-アミン、その塩類及びこれらのいずれかを含有する製剤」は毒物に、「5-メトキシーN,N-ジメチルトリプタミン、その塩類及びこれらのいずれかを含有する製剤」が劇物に指定されている。

 

確かに、これはプロパンジオールについてですが、プロパンジオールにも様々な構造を持ったタイプがあります。

 

カンタンに言うと、ひとくくりにプロパンジオールが危険と言うのは、おおざっぱ過ぎるというコトです。

それぞれ分子構造が違っています。

 

その中の、3-クロロ-1,2-プロパンジオールが劇物ですと報告されているんです。

また、これらは調味料に使われることが多い様で、化粧品には使われないでしょうね。

 

先ず、処方を組む研究員の方が使いたがらないと思います。

 

でも、言ってしまうんでしょうね・・・彼たちは。

 

「プロパンジオールは劇薬です!」って(汗)

 

では、さらに彼らに教えてあげたい事をもう一つ書かせて頂きますね。

 

こんな、プロパンジオールはどうですか?

 

植物由来の糖を発酵させ得られた100%植物由来の無色グリコール(1.3プロパンジオール)エコサートとNatural Products Association(NPA)の認定を受けています。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

安心、安全を謳って商売をするメーカーさんにとって、エコサート認証原料は危険と言えるでしょうかね~(笑)

関連記事一覧