小顔を手に入れるのは日本が一番!

■小顔を手に入れるのは日本が一番!

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川です。

 

日本の美容技術は国内での上下はあれど、世界TOPなのは言うまでもありません。

それは、日本を含めたアジア人の骨格や髪質というバランスの悪さがその技術向上を後押ししたとも言えるのではないでしょうか?

 

さらに、日本は世界でも「美」に関する感性が豊な国でもあります。

 

漢字を使いこなし、ひらがな、カタカナと、3種類の違った造形に言葉を生みだし、発展させることができたのも日本ならではと言われています。

 

そんな、日本と近いお隣韓国ですが、やはり小顔は魅力的なのでしょう。

 

食品医薬品安全庁の調査によれば、韓国人男性の顔の面積は419平方cmで、西洋人男性の453平方 cmより小さかったようです。

 

また、女性の顔面積も韓国人が371平方cmで、西洋人の380平方cmでやや小さいという記事がありました。

 

こう した事実があっても韓国人の顔が大きく見える理由は顔の、縦横の比率、立体感などの影響のためと書かれていました。

 

だから、整形が日常的な美の手段なのでしょうね。

サロンマーケティング研究所ブログ
人気女優のキム テヒ さん

 

ところが日本では、美容技術が高いので、整形までもせずに、髪型やメイクで小さい顔を創り出すことが可能です。

 

最近は日本でも整形が増えているようですが、お隣の韓国と日本の整形に対する感覚の違いは、美容技術のレベルの高さが創り出したのかもしれませんね。

 

流石、日本の美容師さんは凄い!

関連記事一覧