考えると痩せる法則

■考えると痩せる法則

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

順調に来週から連続するセミナー資料が出来上がっています。

夕陽をみながらホット一息をつきながら、本日2回目のブログ更新です。

 

ボクの友人で新潟県で乳製品の販売会社を経営する廣島さん(通称:りゅうさん)から、毎月届くニューズレターの記事を読んで面白いコラムがありましたのでそれについて触れてみたいと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ
りゅうさんの愛情たっぷりのニューズレター

 

女性なら誰しも気になる「ダイエットネタ」です。

そのコラムは、りゅうさんがあるTV番組で放映されていたダイエット方法について書いてあったのですが、結構意外な方法でした。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

それは「考える」と言うコト。

 

何を「考える」のかって・・・。

 

これは必要なのか必要でないのか考えるんです。

 

目の前にあるモノを今まででなら口寂しくてとか、無意識に食べてしまうその行為自体を、今それが必要なのかそうでないのか考えるというモノです。

 

そうするコトで、つまみ食いを減らして、徐々に無駄なぜい肉を落としていくというモノ。

 

これなら、だれでもいつからでも出来そうですね。

 

この方法は他でも使えるコトが沢山あると思います。

 

自分なりの善悪の判断を都度するというコトとか・・・

自制心や、けじめという点でもこれは活きてきますよね。

 

海外のビジネス界では、太った人は出世できないと言われていますが、こういった所をみているのでしょうか・・・?

関連記事一覧