美味さとお得感

■美味さとお得感

 

こんにちは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

「新規集客」「既存顧客のリピート促進」は常に考えていかなければいけないコトですが、なかなか同時に考えるって大変です。

 

しかし、顧客数は1人でも減らしいたくないですよね。

そこで、少し参考になればと思い、ボクが好きな飲食店の販促事例をご紹介させて頂きます。

 

先日も、会社のメンバーと表参道にある同店に行ったのですが、こんなものを頂きました。

サロンマーケティング研究所ブログ
お店専用の金券

 

一瞬お札!?と思えるような「金券」です。

この金券をどのように使うかと言うと

 

有効期限は2ヶ月

利用可能は3000円以上の飲食で1人1枚使用可能

 

飲食店であれば2ヶ月の有効期限はありでしょうね。

しかし、美容室の場合は・・・少し短すぎかな?

 

出来れば、3~4ヶ月位あった方が、お客さんにとっては優しいですよね。

金額も美容室の場合は6000千円以上は欲しいところです。

 

このお店は、関東を中心に二十数店舗を構えている繁盛店で、決して安いお店ではありません。

 

つまり、少し高めだけど、友人と2人で行って6000円以上の飲食をすると、1人1000円分が使えるので、2000円お安く浸食が出来る仕組みです。

 

この金券によるリピート促進と、お店もある程度高級感があって、食事もおいしいので友人(新規顧客)を連れていくにもいい感じです。

 

条件としては

①料理がおいしい(飲食店なので)

②店内の雰囲気が安っぽくない

③誰かを連れていっても喜ばれる(失敗は無い)

 

この条件を美容室に置き換えて、準備を整え、今回ご紹介した「金券」の仕組みを応用しても良いですね。

 

つまり、美味しさとお得感=上手さとお得感

 

と言うわけです。

 

そうそう、最後に金券はある程度ありがたみがあるデザインや素材を使われた方が良いですョ!

関連記事一覧